憧れのアメリカ留学
2018年10月12日

留学して大学に通うのを目指すなら

留学して大学に通うのを目指すなら、高度な英語力を身に付ける必要があります。

大学に通ったら、授業を英語で受けなければなりません。大学の授業なので、高度な内容の講義が行われます。講義で使われる言葉も専門的で、難しいものが多いです。それから大学では課題が出されます。

例えば、アメリカの経済の状況についてリポートを書くことが求められます。もちろん英語で書かなければならず、内容の濃いものでなければ、書き直しになったり、不合格になるでしょう。留学して英語圏の国で大学に入学するのだったら、日本にいるうちに英語をしっかり勉強しましょう。英語の資格試験で言ったら、英検準1級かTOEICで最低でも700点以上取ることが必要です。

大学に留学する時の目安になるのが、TOEFLです。TOEFLのスコアはできるだけ高い方が有利になります。具体的にはTOEFLiBTで61点以上取ることが大切です。大学に留学するのが難しい場合は、まず短大に入って、その後大学に編入する方法があります。短大だったら、大学ほど高度な英語力は求められません。

また授業の内容も大学にくらべたら、優しくなっています。留学して大学に通う場合にもう一つ考えなければならないことがあります。それは授業料です。一般にアメリカやイギリスの大学の授業料は高くて、1年間で300万円を超えることがあります。お金に余裕のある人だったら、支払えますがそうでなかったら、授業料をどうするか考えておく必要があります。奨学金を受けるのが良い方法です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *