憧れのアメリカ留学
2018年10月24日

語学留学で生きた言語を身に着ける

グローバル化が進み、日本では小学生から英語を学ぶことになりましたが、世界的に見ても日本人の語学力はあまり高くありません。

世界で活躍するためには英語を身に着けることが必須条件となっているため、海外で働きたいと感じる人は、生きた英語を身に着けるために留学します。留学するとは、現地で生活することになりますから、四六時中外国語に囲まれて過ごすということになります。

普通に暮らしているだけで耳からは英語が入ってきますし、テレビを見ていても英語が流れますから、自然と耳が英語に馴染むようになります。文法だけを学んでるだけではコミュニケーションをとることができません。生きた英語を身に着けるためには、耳に英語をなじませること、そして自分から英語を話そうとする気持ちが重要になります。

日本では自己主張をすることを高く評価されませんが、外国では自己主張をすることが当然だと考えられていて、自己主張をしない人は意見のない人だとみなされます。留学をしたら、自分から意見を発することの重要性を学ぶことができるので、恥ずかしさを感じることもなくなります。

英語の発音があまりよくなくても、意見を発しない人よりも、下手でも意見を発する人の方が認められますから、留学することで自分という存在を重要視することにもつながります。言語は受け身でいても習得できませんから、海外留学をして自分から飛び込むような気持ちでいれば、生きた言語を身に着けられるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *