憧れのアメリカ留学
2019年6月6日

アメリカ留学のためにパスポートの取得を

アメリカ留学に向けてまず用意をするのは、国際的な身分証明書となるパスポートです。

自分もののを持っていても、必ず有効期限を確認する必要があります。期限をチェックした際に、期間の残りが1年未満であったときには、新しいパスポートの申請をすることが可能です。日本国政府により日本国民であることを証明するのがパスポートであり、アメリカ留学で渡米をする時にも、保護や安全の通過の要請をすることのできる公文書です。年齢が20歳未満だと有効期限は5年まで、成人済みなら5年か10年間の有効期限になります。

本人が住所登録をしている都道府県にある旅券課での申請が原則になりますが、実住所の都道府県でも条件が満たされれば申請は可能です。各都道府県旅券課に用意のある一般旅券発給申請書を1通、6カ月以内に撮影した写真を1枚、戸籍謄本に住民票の写しなども必要になります。申請者の身元を確認するために、運転免許証病ナンバーなどの書類も必要です。写真の付いていない年金手帳や健康保険証であれば、ふたつ準備をする必要があります。

発行までには一定の時間が必要になるので、アメリカ留学前に余裕をもって手続きを済ませることです。旅券発給は申請をしてからおよそ、1週間から10日ほどが目安になります。代理人は委任状があっても受け取りは出来ませんので、本人が発給手数料と受理票をもって受け取りに行くことです。渡米をしてクレジットカードを使う時、パスポート提示を身分証明証として求められることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *